春の食養生

春は「肝」の働きを整えましょう。

自然界の陽気が高まる春は、
私たちの心身の働きも活発になります。
特に春は「肝」のエネルギーが高まり、
過剰に働きすぎることで
トラブルを招きやすくなります。

東洋医学の「肝」は、肝臓本来の働きに加え、
血液の貯蔵、筋肉などの運動神経系、
情緒の働き、目の働きとも
深い関係があるとされています。
この働きが上手くいかなくなると、
だるさ、うつ状態、疲れ目などの
不調が出やすくなります。

また「肝」の働きが
オーバーヒートしてしまうと、
イライラして怒りっぽくなったり、
目の充血、不眠、頭痛、のぼせ、
ニキビといった症状が現れることも。
そんな時は「涼性」の食材を
多めにとるのがおススメ。
「涼性」の食材には体の熱を冷まし、
興奮を沈静化させる働きがあります。
反対に体を温める「温性」の食材
(ニンニクや唐辛子)を多く使った料理は
控えめにした方がいいですね。

春は「肝」の働きを補う食材を意識して、
体をクールダウンさせる食材を取り入れると
春の不調を軽減してくれますよ。

「肝」を補う食材

春は、貝類(あさり、シジミ、牡蠣、はまぐり等)、
緑の濃い野菜(にら、菜の花、ほうれん草、春菊、セリ、アスパラガス等)、
酸味のあるもの(いちご、ヨーグルト、酢、梅干し等)、
レバーやごま、うなぎ、海老、人参、椎茸などの
「肝」の働きを補う食材を、
積極的に摂取することがおすすめです。

「肝」のクールダウンさせる食材

ほうれん草、もやし、セロリ、大根、きゅうり、トマト、ふきのとう、タラの芽
豆腐、海藻、緑茶など

「気」の流れをスムーズに

環境が変わったり、
新しく物事を始める事の多い春は、
何かとストレスが溜まりやすい季節。
「肝」の働きが過剰になって
自律神経のバランスが乱れやすいこともあり、
情緒不安定になったり、
気分がふさぎがちになる傾向があります。
そんな時には、香りの強い食材が
「気」の流れをスムーズにし、
気分をスッキリさせてくれます。

「気」の流れ促す食材

三つ葉、春菊、セリ、セロリ、青ジソ、
にら、ゆず、ミント、シナモン、
ジャスミンティーなどの香りのある食材がおススメ。
「気」の巡りが良くなり、
リフレッシュされて「やる気」が湧いてきますよ。
香りには好みもありますから、
ご自分で気持ちいいと感じるものを
取り入れるといいですね。

体の中を大掃除

また春は、
冬の間にためこんだ不要なものを
体の外へ排出して、生まれ変わろうと
新陳代謝が活発になる季節でもあるので、
解毒作用のある「苦味」のある食材
(山菜、フキ、ウド、セロリ、セリ)を
うまく取り入れることもポイントです。

春になると
「肝」を補い、
「気」の流れを良くし、
「解毒」作用のある食材が
次々と旬を迎えます。
旬の食材を美味しく食べて
新しいスタートに備えたいですね。


この記事を書いたのは:川口朋子

川口朋子の記事一覧はこちら