冬の食養生

冬はエネルギーを蓄える季節

 日差しが弱まって寒さが厳しくなる冬。
自然然界の植物や動物たちは、
自然の流れに従って
根の部分を残して春を待ったり、
冬眠したりとひっそりと静かに生きています。
東洋医学では、活気あふれる春を迎えられるように、
冬は「エネルギーを蓄える季節」と考えています。

冷えは万病のもと

「冷えは万病のもと」と昔から言われていますが、
寒さの厳しくなる冬は、
冷えに弱い「腎」がダメージを受けやすい季節。

寒さにより体が引き締められると
毛穴が締まり、汗による水分代謝が減るぶん、
尿に頼ることになり、
「腎」に負担がかかりやすくなります。

また 寒さは、体を縮こまらせて、
新陳代謝の低下や、
抵抗力を低下させます。
その結果、頻尿になったり、
体が凝る、筋肉がひきつる、
手足やお腹の冷え、
「気」や「血」の巡りが悪くなる等の
症状が出やすくなります。

体を温めて、「腎」をいたわる食養生

寒い冬を、元氣に乗り越える養生のポイントは、
「体を温めること」と
「腎」の働きを高めてあげることです。

東洋医学における「腎」は、
臓器としての腎臓だけでなく、
成長・生殖の働きも含んだ、
生命の素の貯蔵庫のような役割をしています。

冬に弱りがちな「腎」を養生させるには、
体を温める「温性」の食材をとるとともに、
「腎」を補う「強い生命力をもつ食べ物」
「黒い食べ物」を積極的に食べるのがおすすめです。

強い生命力のある食材の代表的なものは、
長芋や納豆などの粘りのある食材や、
次の生命を生む力をもつ豆や種実類、
卵などの食材です。

黒豆や黒ごま、うずらの卵のような黒い食材は、
特に「腎」の力を補ってくれます。

寒さでパワーダウンしがちな冬に
積極的にとって元気を蓄えましょう。


この記事を書いたのは:川口朋子

川口朋子の記事一覧はこちら