梅雨の薬膳

梅雨は「湿」の季節

薬膳では、春、夏、長夏、秋、冬と
季節を五季に分けています。

長夏というのは、季節の変わり目にあたり、
日本の梅雨の時期にあたります。
雨が降り続き湿度の高い梅雨は、
気分も何となくどんよりしますね。

この時期は私たちの体の中にも、
湿気が入り込みます。
余分な水分が溜まってしまうことで、
様々なトラブルが起きると考えられています。

「湿」は特に消化器系、
中医学でいう「脾」「胃」を弱め、
「気」の流れを阻害すると考えられています。

「湿」が関節や筋肉に影響を与えると、
関節痛、腰痛として現れます。

「脾」は「湿」を嫌うので、機能低下による
食欲不振や胃もたれ、疲れやすさ、下痢などの
症状が現れやすくなります。

「湿」は下に溜まりやすい性質があるので、
足がむくんだり、気分も落ち込みやすくなります。

梅雨の食養生

この時期は、
①「湿」を取り除く食材
②「脾・胃」を整える食材
③「気」の巡りをよくする食材
を積極的に摂取しましょう。

体の「湿」を取り除き
消化機能をアップする食生活を
心掛けてみることをおすすめします。

おすすめの食材

➀「湿」を取り除く食材:
  利尿作用のある食材で
  不要な水分を体外に排出させます。
  豆類の薄皮の部分は、利尿作用が強いので
  薄皮ごと食べると効果も◎。
  豆類、冬瓜、海藻、ハト麦、
  きゅうり、みょうが、
  あさり、しじみ などが
  おすすめ。

②胃腸の調子を整える食材:
  胃腸は冷やすと消化力が
  落ちてしまいます。
  冷たい食材は控え、
  健胃作用のある食材を、
  良く噛んで食べることが大切です。
  お米、山芋、枝豆、とうもろこし、
  アボカド、かつお、カレー粉 などがおすすめ。

③気の巡りをよくする食材:
  香りのよい食べ物には、
  気の流れを良くする作用があります。
  青じそ、セロリ、三つ葉、柑橘類、
  ジャスミン茶などの香りのよい食材が
  おすすめ。

身近な食材のパワーを上手に生かして、
ジメジメした梅雨を
快適に過ごしてくださいね。


この記事を書いたのは:川口朋子

川口朋子の記事一覧はこちら