親子で体幹トレーニング 第2弾

広く安全な場所で行ってください。 

親子でコミュニケーションを取りながら楽しく行えると良いですね。

《動作ポイント》

手を床につく動作は、肩や肩甲骨まわりの筋肉を使い、足で床をける動作はお尻から腿の裏の筋肉を主に使います。

バランスよく動けるようになることで姿勢を安定させる筋肉(インナーマッスル)を強化することができます。

さらに、全体の動きを安定させるためのポイントとして、手の指先、足の指先で床をしっかりキャッチしながら行うようにしましょう。

健康運動指導士 山川華代 ホームページ


この記事を書いたのは:山川華代

山川華代の記事一覧はこちら