秋の食養生

旬の食材で「氣」をチャージ

 収穫の秋と言われるように、
秋は自然の恵みでにぎわう季節です。
旬の食べ物は、美味しいだけでなく、
強いパワーを持ち、
生命の力である「氣」を補ってくれます。 
旬の食べ物が豊富な秋は、
「氣」をチャージするのに最適の季節です。

秋は「乾燥」の季節

 一方で、秋は空気が乾燥し、
私たちの体の中も乾燥して、
トラブルが起こりやすくなります。
この乾燥の影響を最も受けやすいのが、
五臓の「肺」です。

肺は、呼吸器系や皮膚、
大腸の働きとも関係が深いため、
「肺」が乾くとウィルスなどの
異物に対するバリア機能が弱まり、
空咳が出やすくなったり、
乾燥肌になったり、
便秘などの不調を招くと言われています。

秋は「肺」を潤して、バリア機能をアップ

そんな不調を食材の力で整えてくれるのが「薬膳」。
「肺」を潤す食材の特徴は
「白」のものが多いとされており、
大根、蓮根、白ごま、山芋、卵、豆乳、
イカ、牡蠣、白きくらげ、梨、はちみつ、
などがあげられます。

 体の乾燥を防ぐ食材を多めにとることで、
内側からも潤し、これからくる冬に備えて、
旬の食材で「氣」をしっかり蓄えておくことが大切です。


この記事を書いたのは:川口朋子

川口朋子の記事一覧はこちら